2013ヘブンウィーク:役に立ったグッズ

HOME2013年ヘブンウィーク九州, ウェブログ, ブルベ > 2013ヘブンウィーク:役に立ったグッズ
2013年5月 4日

ヘブンにエントリーする前まで、200kmブルベ2本しか完走の経験がありませんでした。

2013年も2月のアタック小田原城を1本走っただけで、自身これが2本目のブルベです。

こんな初心者同然の状態でヘブンウィークにエントリーするのは身の程知らずもいいとこです。

スポンサードリンク


しかし、なんとか300km、400km、600km、200kmとトータル1,500kmの九州1周ブルベをヘロヘロながらも完走することができました。

少しずつ距離が上がっていったこと、そして何も知らないということが逆によかったのかもしれません。

また2012年のように200kmの次が600kmだったら、もしかしたら挫折をしていたかもしれません。

前半、300km、400kmがとてもいい天候に恵まれたこともよかったです。

タイヤはコンチネンタルGP4000の25C

このコンチネンタルGP4000 25C(Wiggle 4,944円)は本当によかったです。パンクを良くする私としては、今回1,500kmの工程を1回もパンクせず乗り切ってくれたことは本当に大きいです。

もちろん23Cのタイヤでも大丈夫だったかもしれませんが、少々太いこのタイヤは精神的にも安心感がとてもありました。

ブルベではこのタイヤを使い続けるでしょう。

ライトはキャットアイEL540RCを2本

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RC

ヘッドライトはライトはキャットアイEL540RC (5,607円 アマゾン)を2本使いました。

充電式のライトなので、電池代がかからないことは大きいです。今回のヘブンではドロップバッグがありましたので、先々の宿で万充電にすることができました。

このライトを一つはハブ軸に固定してローモード(約15時間)でつけっぱなし。もう1本はハンドルに固定して随時点灯させる方法を取りました。

通常の道であれば、このライト1本とジェントスがあれば問題なし。夜の峠道などはハンドルバーに取り付けたもう一本をハイに点灯(約5時間)すれば全く怖くありませんでした。

この組み合わせで600kmのライトに関して問題なしです。

ヘルメットにGENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ833

GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ833

GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ833 ad(2,178円 アマゾン)はすばらしいライトです。

単三3本というのが少々重いですが、テールライトもあり、またヘッドライトは3段階で明るさが調整できます。

キューシートを見る、また前方照らすという役目をほぼパーフェクトにこなしてくれました。

キャッツアイが一定の場所しか照らさないので、このジェントスが補助以上に目線方向の明るさを確保してくれました。

Anker 大容量モバイルバッテリー 8400mAh

Anker 大容量モバイルバッテリー 8400mAh

このAnker 大容量モバイルバッテリー 8400mAh (2,499円 アマゾン)はガーミンEdge800の電源として活躍をしました。

この容量ですからガーミンをある程度液晶を明るくして40時間使い続けても電池なくなりませんでした。

さらにスマホの充電もできますので、少々重いですが(約190g)安心感がありました。また値段が安いのも助かります。

今後も300km以上ならコイツを持っていくことになるでしょう。


いろいろと役たったもの、役立たずのものがありました。

やはり現場に行くと、ほんとうによく分かるものです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

PAPを振り返る4:リザルトと総括

PAPを振り返る4:リザルトと総括

パースアルバニーパースのリザルトです。 こうやって表に表すと、どんな感じで走って・・・

2014年10月16日

50歳のプレゼント:ガーミンeTrex20買ったぞー

50歳のプレゼント:ガーミンeTrex20買ったぞー

今日はオレの誕生日。50歳になっちまった。 こんな日が来るとは夢にも思いませんで・・・

2014年4月 9日

BRM709PBP1000準備:週末の天気と台風

BRM709PBP1000準備:週末の天気と台風

さて、今週末に迫ってきたBRM709PBP比布美瑛比布1000kmだが・・・とに・・・

2015年7月 5日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!