バイクを梱包して帰国準備

HOME2013年ロンドンエジンバラ, ウェブログ, ブルベ > バイクを梱包して帰国準備
2013年8月 2日

本当に長かったロンドンエジンバラロンドンを無事完走できました。

ホテルに戻ってきて、バイクを梱包。そして帰国の準備です。

スポンサードリンク


8月6日のフライトまで残り数日。ちょこっとイギリスを観光してから帰ります。

そのため、バイクはあらかじめ梱包をしてクルマのトランクに収納。

ヒースローへつくまで、クルマの中に入れっぱなしの予定。

バイクを梱包

プチプチを敷いて、バイクをチェックします。

飛行機用の梱包なので、リアディレイラーやペダルなどの突起物を取り外します。

タイヤの空気を抜き、クイックをを抜きます。

ブレーキやクランクなどの可動部はすべてタイラップでしっかりと固定します。

洗濯物やジャージなどはすべてビニールにいれ風呂敷でつつみ輪行袋に同梱します。

これらはフレームなどの間に入れ緩衝材の役目もします。

汚れたディアブロ

ダウンチューブ下を見ると、5日間にわたる汚れがついてました。

ウェスで拭き取るとフレームに傷が入りそうなので、自宅に帰ってしっかりと洗車しようと思います。

LELの汚れ

フォークの裏もすごい汚れです。

バイクを梱包

輪行袋2つになってしまったので、ホイールはヒースローで詰め込みます。

この状態で、トランクにはまだ余裕があります。

右後席をたおしてスーツケース2つ。人が3人のれるのですからハッチバックとはいえ日本車のスペースユーティリティは抜群!ほんとうに良く出来ていますね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

PAPを振り返る2:忘れ物と次回対策

PAPを振り返る2:忘れ物と次回対策

今回のパースアルバニーパースにおいて、忘れ物は1つもありませんでした。ホントよか・・・

2014年10月14日

SM1200準備:オーストラリアETASを確認してみた

SM1200準備:オーストラリアETASを確認してみた

先日、オーストラリアETASを業者さんを通じて取得をした(はず)。 しかし、どう・・・

2013年11月 7日

ブルベのキューシート取り付け場所確保

ブルベのキューシート取り付け場所確保

コントロールテック・エアロコクピットを取り付け、走ってみるとこれは本当にいい感じ・・・

2013年9月16日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!