LELを振り返る5:ベッドについて

HOME2013年ロンドンエジンバラ, ウェブログ, ブルベ > LELを振り返る5:ベッドについて
2013年8月14日

ロンドンエジンバラロンドンのコントロールにおけるベッドは、自由に使え、また寝ることが出来ました。

中間地点であるコントロールは200以上のベッド用意がありました。

スポンサードリンク


私はマーケットラセンとブランプトンにドロップバッグを送りましたので、その2箇所において行きと帰り4泊しました。

マーケットラセンPC

こちらは最初の仮眠所として選んだMarket Rasenのベッドです。

多分体育館と思われる広い場所にエアーベッドがたくさん置かれていました。

私は、かなり早い時間(19時)にチェックしたのでベッドは空き放題でした。

しかし、後半になると深夜到着や意図しない時間帯にコントロールへ到着する場合もあります。私も後半に0時過ぎや深夜2時過ぎ到着などありました。

そうなると、ベッドが開いていない場合もあり、予約をして空くまで待つ必要があります。

ただ、寝ている方も起きる時間を指定しているので、予約時間にはベッドはほぼ間違いなく空きます。

もちろん、ドロップを送ったところ以外でも寝ることは出来ました。

ベッドチェックするときに起きる時間も聞かれますので、しっかりと起こされます。

GTイースタン

小さいコントロールでは食堂テーブルと同じエリアにベッドが置かれていました。

これはゴール直前Great Eastonのベッドです。

ゴールまでのこり50kmを切った場所にあるコントロールですが、私もここで40分ほど仮眠をしました。

周りの喧騒など全くお構いなしで眠ることが出来ました。ははは。

また寒さに関してですが、全く問題ありません。支給された毛布だけで寒くありません。私はすべてのコントロールで上はTシャツ1枚で寝ていました。

これだけの規模のサービスを用意するのはほんとうに大変なことだと思います。

今回のLELは仮眠するためのベッドは、もうホント文句ありません。ほんとうに感謝です。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

2014年の予定を考える

2014年の予定を考える

今週末はもう12月。今年はホント色々やった。特にブルベにおいてはずいぶん走った。・・・

2013年11月29日

3月は走れないなー

3月は走れないなー

3月も折り返しとなってしまいました。 寒い日がまだまだ続いています。でも来週には・・・

2013年3月14日

スカイマークで九州福岡空港へ

スカイマークで九州福岡空港へ

ヘブンウィーク突入です。 関東からエントリーの私は、まずはこの長い九州への移動を・・・

2013年4月25日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!