1日目:Yarloop→Bunbury Beachfront Surf Club

HOME2014年PAPパースアルバニー, ウェブログ, ブルベ > 1日目:Yarloop→Bunbury Beachfront Surf Club
2014年10月 6日

一つ目のコントロールを無事にクリアしたことで、少し落ち着く。

さて、行くか。次はYarloopまで72.7kmの道のり。3時間で着くかなー。

スポンサードリンク


コントロールの先に伸びている、あの道を行くのか。

もっとのんびりしたい誘惑を振り切りスタート。

ちょっとした集団に追いつく。

オレは、国内BRMでは基本的に集団に付くことはしない。

でも海外のRMでは前に追いついた場合、できるだけついて消耗を防ぐようにする。信号も少ないしケアすることが少ないことも理由にある。

どうせ、こんなカタマリで走れるなんて初日までで、これから先は単独ばかりだからね。

JUNさんの後ろにつく。

こんな景色のいい海沿いを進む。アップダウンが多いけど、とてもきれいな海沿いのサイクリングコース。

大きな集団になり、その後ろについた。ペースあってきたその時、ガーミンeTrex20がハンドルからすっ飛んでいった・・・

はぁーー??。転がるガーミンを拾い上げる。壊れなくて助かった。爪がきっちりとかかっていなかったのか?

せっかく集団といいペースで走れていたのに。この後、がんばって再度集団に追いつく。はぁー、頼むよ。

大きい橋の下にあるサイクリングロード?遊歩道?

風が基本的に西風や南西の風。なので・・・かなり向かい風状態。

追い風の恩恵を受けられるのは、今日の最後の方だけだな。そんな時、風やんだりするんだよな。

こんな感じの大集団が海沿いの道を走る。海から離れるとアルバニーまで山の中走行になります。

この辺りでも大集団で走行。後ろのほうなので、とても楽だなーー・・・・なんて思っていたら、また飛んでいった。

何が飛んでいったと思います?ツールボトルの蓋が吹っ飛んでいきました。

はぁーー・・・マジでイヤになる。一瞬行っちゃうか?と、思ったが蓋なしツールボトルはちょっと困るので拾いに停車する。

で、見つからない。フタ。

散々探して、対向車線の路側帯まで転がっていましたよ。当然、大集団行ってしまい、辛い一人走行・・・

1日目から、こんな感じだと先が思いやられる。頼む、もう何も起こらないで・・・

準備しっかりしていると思っても、予想外のことが起こる。困ったもんだ。

やっとこYarloopの街にあと18km。

ちょっと速度がドロップする。1時間かかったらイヤだな・・・

Yarloopまでもうすぐ・・・クソ、さっきの列車はとうに到着しているんだろうな・・・

Yarloopに到着

ヘロヘロしながらYarloopの街にはいる。

Yarloopのコントロールへ到着。やれやれ。時計を見ると11時前だった。

初日、すでに2つモノがすっ飛んでいっている・・・次のトラブルは何だ??

おーーーー!北海道1200kmジャージ発見!!!

あまり詰め込み過ぎないように、補給をする。

で、選んだのがチョコレートケーキ。2つほおばる。おいしい。

ただ、油脂が多いから気をつけないとなー。

Bunbury Beachfront Surf Clubへ向かう

いきなり出てくるオフロード・・・・おいおい、これはキビシイ。ロードバイクには。

こんなところでサイドカットパンクではシャレにならない。とにかくスピードを落とす。

そういえば、今日のゴール付近もオフロードになっていたんだよな。ストリートビューでは。頼むからオフロードはかんべんしてくれ。

・・・などと、ブツブツ言いながら路面を選んで前に進む。

ふー・・・やっとこオフロード終わった。

しかし、このあたりの区間も、しっかり向かい風。アップダウンに加え、体力がすり減っていくなー

それに加え、日中はけっこう日差しがキツイ。

るんるんサイクリングとは行かないようだ。

やっとこ200kmに到達。時間は13時過ぎ(サイコン時計は日本時間のまま)。ここまでスタートから8時間とかなりいいペース。

でも今日の残りは165km。

残り165kmで22時前につくにはあと約9時間ある。

まーまーのアドバンテージじゃね?・・・と自分に言い聞かせ、前に進む。

やっとこBunburyの街が見えてきた。

Bunbury Beachfront Surf Club 206.4kmに到着。チェック時間13時27分。

サーファーライフセイビングと書いてあった。サーファークラブの施設なんですね。

さすがに200km超えると、疲れてくる。ここではしっかりと座る。

時間的に少し余裕があるので、しっかり休もう。

コーヒーを頂き、パンにジャムをたっぷり塗って3枚食べる。

今回のコントロールは初日最後の100kmというセクションを除くと、だいたい60-80kmでコントロールがある。

19時ころにライトが必要になりそうな感じなので、最後のコントロールを明るいうちに到着すると後半の走りを組み立てやすい。

次のコントロールまで約60km、16時過ぎ。残り100kmを6時間かけて22時到着は現実的になってきた。休む時間も視野に入れる必要があるから、できるだけ前倒しで行きたいなー

さて行くか。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

PAP準備:デローザR848のヘッドライト

PAP準備:デローザR848のヘッドライト

オーストラリア出発が来週に迫りました。ちょうど2週間後スタートです。 嫁さんの乗・・・

2014年9月21日

タイヤがひん曲がった

タイヤがひん曲がった

昨日は午前中、大雨だった。 けっこう降っていて、バイクトレーニングはいきなり中止・・・

2012年8月15日

PAP準備:輪行袋オーストリッチOS-500

PAP準備:輪行袋オーストリッチOS-500

もはや、飛行機輪行の定番ともいえる、オーストリッチ OS-500トラベルバッグで・・・

2014年9月25日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!