BRM709 比布-美瑛-比布1000の心の準備のタイトルイメージ

BRM709 比布-美瑛-比布1000の心の準備

HOMEウェブログ, ブルベ > BRM709 比布-美瑛-比布1000の心の準備
2015年6月11日

去年に続き、今年も北海道を走れるわけだ。これはマジでうれしい。

日付も2013年のBRM709北海道1200㎞と同じだしね。

オレ的に、普通に走れば完走はそんなに難しくない。

ただ、去年は台風でいきなり中止になったわけだ。何が起こるかわからない。

そんなワケで、ちょっと心の準備をしてみよう。

DNFポイント

鉄道があるということがポイントになるから・・・

最初のDNFポイントは「網走だ」距離は230㎞付近。

スタートが17時なので、7月10日明け方かな。

その次が450㎞付近の「弟子屈」

次は「新得」650㎞付近。

この新得まで行けば、ほぼ鉄道と並走をするので、どこでもDNFはできるだろう。

まぁ、バイクトラブルでない限り、ここまで走ってDNFはないけどな。

前半はとにかく、何もないところが多いから、そこで大きなトラブルに遭遇をしないことが必要と考える。

悪天候・雨・寒さ

北海道は7月でも寒い。

マジで寒いからそのつもりで行こう。

1000㎞をほぼ休まず走り続ける人以外は、雨対策、寒さ対策はやっておくことをおススメする。

美幌峠

去年オレは北海道1200㎞中止になった際、例の美幌峠便所組だったわけ。

マジで寒かった。ここで朝を迎えたけど息真っ白。たぶん気温一ケタだった。

今回、美幌峠はいかないけど、同じくらいの標高を走る。夜は寒いと心してかかろう。

さらに雨が降ると、状況はかなり悪化する。それが夜の場合相当寒い。

事実、去年の北海道、北見PCでDNF決めた人は寒さという理由もかなりあったと思う。

仮眠場所確保

天候が安定をしていれば、道の駅なりなんなりで行けると思う。

とにかく天候次第だ。雨が降ればかなり厳しい。

なので、オレは10日、11日の宿を確保した。

やはり理由は悪天候による安全確保としっかりした睡眠確保だ。

定番コインランドリーは思ったより少ない。

また、バス停が意外と出てこないのがネック。

とにかくある程度の規模の街で仮眠所確保、もしくはあたりを付けておくとよいだろう。

再度言うけど、雨が降ると状況は一変するぜ。着替えないとかなり危ないぞ。

ドロップバッグ

ドロップバッグサービスはないので、自身で用意する必要がある。

オレはそのために宿確保したといっても過言ではない。

大きいサドルバッグ

PC間はもちろん、次の街までの距離が長い。

頻繁にコンビニがあるなんて期待しない方がいい。

キャラダイス(自転車用サドルバッグ)SQR SLIM

サドルバッグ

オレは今回もこのキャラダイスサドルバッグSQR スリムで行く。

最低1泊分の着替えと食糧をもって走る。

ブラックバーン) アウトポスト シートパック

ブラックバーン) アウトポスト シートパック

実はこのサドルバッグも買って、導入をしようと思っている。

かなり自由度が高そうでいい!

今年はPBPや長いブルべがあるから品切れになりそうでこわいな・・・

飲料水

ボトル1本にキャメルバックを背負う。

タイヤ・チューブ

このところロングライドの定番。

去年のパースアルバニーパース、今年の九州ヘブンウィークでも使った。

パナレーサー RACE D Evo2 [duro] 700×25C

信頼性抜群。タイヤトレッド傷だらけでもパンクしない。

唯一のパンクはガラス片がブレーカー突き抜けた1回のみ

今回はフロント23C、リア25Cで行く。

タイプD

2本セット コンチネンタル(Continental) チューブ

2本セット コンチネンタル(Continental) チューブ

このチューブも定番。

オレはブルべで軽量チューブは使わない。

このチューブを5本持つ。3本は持参。1本ずつドロップバッグ。

とにかくパンクはトラウマになるくらい恐怖症なので、準備はしっかりする。

ペース配分

平均速度20㎞/hを保つよう走る。

そうすれば、宿でしっかりと睡眠時間を確保できる。

途中でヒヨってのんびりしたり、長時間休憩はしないつもり。

特にグダグダ走りはしないで、きちんとペースを保つよう走りたい。

なんといっても、オレ的には仮想PBP(パリブレストパリ)だからね。

一つ目の宿、弟子屈も450㎞付近で、ルデアックと同じ距離。これは本当にうれしい!!

600㎞以上の1,000㎞や1,200㎞のキモはとにかく初日と2日目。

比布美瑛比布で言えば、弟子屈と滝川までとなる。細かく言うとよい状況で600㎞を超えることだ。

パリブレストパリでは行きのルデアック(449km)、帰りルデアック(782km)だね。

11日の滝川宿でしっかり睡眠取れれば、このPBPはうまくいったということになるだろう。

とにかくオレは、できるだけ準備をする。

丸腰で行って完走できるほど甘くないぜ。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

SM1200準備:オーストラリアETASを確認してみた

SM1200準備:オーストラリアETASを確認してみた

先日、オーストラリアETASを業者さんを通じて取得をした(はず)。 しかし、どう・・・

2013年11月 7日

ブルベの用意

ブルベの用意

ブルベの用意をします。 初めてのエントリーなので、心配ですから、あれもこれもと自・・・

2012年10月25日

BRM709北海道1200km:さよならパーティー

BRM709北海道1200km:さよならパーティー

今回の2014年BRM709北海道1200km納沙布岬は、台風8号の影響により、・・・

2014年7月13日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!