岡山1200㎞のシミュレーションしてみた2【ドロップバッグとか風呂とか】

HOMEブルベ > 岡山1200㎞のシミュレーションしてみた2【ドロップバッグとか風呂とか】
2016年3月 6日

細心のキューシートが上がっていて、各コントロールのクローズタイムとかがわかってくると、ぐっと詳細にシミュレーションできるよね。

というわけで、仮眠所を考えたドロップバッグの内容などを考えてみた。

もし初日蒜山振興局421㎞まで行ければ

なかなかいけそうな距離だ。朝4時スタートで20時間で到着をすれば0時到着。

次のコントロール5(ローソン米子)が495㎞の13時クローズだ。74㎞だからマージンを考え6時間あればOK。

そーすれば蒜山振興局を6時まで寝ていることができる。

で、6時スタートでコントロール8の尾道ふれあいの里782㎞まで行ければ、かなりいい。区間距離は361㎞。

タスマニアの2日目と一緒。朝6時スタートなら、深夜0-2時にはつくだろう。

で、ここ尾道ふれあいの里は宿泊施設、いわゆるホテルがある。温泉がある。

次のコントロール9(セブン広島川尻)861㎞だ。区間距離約80㎞で18時50分のクローズ。

8時間の余裕を見てもホテルで10時まで寝ることができる。しつこいが温泉付きだ。

ヤバいな・・・これはいいプランだ。連泊マジいいかも・・・温泉付きだしな。

マジで初日420㎞走る気になってきたぞ。

もう少し詰めてみよう。このプランは。温泉付きだし・・・

ドロップバッグ

たしか、この尾道ふれあいの里へドロップバッグを送ることができる。

2日目の衣類は自分で持つ。なので、3、4日目の衣類とバッテリー類を送りたい。

補給食系は日本なので一切必要なし。これは楽だ・・・・

基本的に風呂(シャワー)は無い・風呂は「尾道ふれあいの里」

このルートでシャワーを浴びることができるのは、尾道ふれあいの里となるようだ。

途中の健康ランドなどは一切調べていない。この手のヤツで、寄るところ増やすとペースダウンになるしね。

なので基本的には尾道だけでなんとかしよう。温泉だし。


ところで、海外参加者用のキューシートも見てみたのだが、けっこうコントロールの情報が少ない。

各コントロールでの食べ物や仮眠所状況などは、けっこうほしい情報だろう。

また「蒜山プレミアムジャージ牛乳・蒜山ジャージ生クリームパン」はめっちゃ大事な情報といっていいだろう。これを知った外国人ライダーはすげーモチベーションあがると思うのだが。

ぜひ海外用のキューシートにも、情報記載してあげてください。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

PAP準備:フロント・テールライトは2個必須

PAP準備:フロント・テールライトは2個必須

パースアルバニーパース1200kmなどの大きなブルベにかぎらず、自転車にはライト・・・

2014年9月28日

オルトリーブアルティメイト5フロントバッグ取り付け

オルトリーブアルティメイト5フロントバッグ取り付け

今月末の九州パラダイスウィークに向け、ビーワンに着々と手を入れています。 今日は・・・

2013年4月10日

デローザR848にホイール取り付け

デローザR848にホイール取り付け

3連休の中日、なんと朝から大雨。 ホイール仕上がったのに、なんとおあずけ。 ~~・・・

2012年10月 7日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!