海外ブルべを楽しむ方法をちょっと考えた【来年はロンドンエジンバラロンドン1400kmだ!】

HOMEブルベ > 海外ブルべを楽しむ方法をちょっと考えた【来年はロンドンエジンバラロンドン1400kmだ!】
2016年5月31日

来年2017年はLEL・ロンドンエジンバラロンドンがまたやってくる。オレは出るぜ再度。

とにかく前回、2013年は何も見ることができなかった、ホントにただ完走を目指してペダルをこいでいるだけだった。

なので、あのすばらしい景色を、ぜひ次回はじっくりと見てみたいのだ。

LEL

ルートは前回とほぼ同様のようだが、やはり多少なりとも変わっている。

初日「St Ives」→「Kirton」→「Market Rasen」→「Pocklington」が「St Ives」→「Spalding」→「Louth」→「Pocklington」となっているみたい。

復路最終コントロールの「Great Easton」は経由するみたいだ。

まー、前回は2013年にブルべ初めて200km×4本とヘブンウィーク九州のみで行ったから、ホント何もわかっていなかった。

今回、行ければ、かなり楽しめるのではないかと思っている。ずっと路面ばかり見て走っていたからな・・・あん時は。

エントリー開始は2017年1月20日なので、忘れずに行こう。319ポンドと前回よりも少々値上がりをしているが、まー、そんなものだろう。前回が安すぎだ(219ポンド)。

さて、そんなロンドンエジンバラロンドンだが、ウチの嫁さんも走りたいといっている・・・が、たぶん完走は難しいだろう。

であるなら、最初からDNFでロンドンからエジンバラまで片道で走るというのはどうだろう。

まー、完走率下げるのはアレだが・・・このすばらしいルートを走れるのは中々すごい体験だ。

コントロールはきちんとあるし、仮眠所もある。食事も心配することない。

1番スタートすれば、最終スタートのクローズまでエジンバラコントロールは開いているわけだし。

エジンバラ着いたら、ドロップバッグに入れた着替えと輪行袋を使って、エジンバラから鉄道でロンドンに帰れば5時間かからずに到着だ。

エジンバラでホテル取って1泊してもいいよな。

なんて、考えているんだが、いずれにしてもエントリーは来年。

ちなみに来年は3月のニュージーランド1200kmからスタートだぜ。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

LELエントリー受付終了したようだ

LELエントリー受付終了したようだ

昨日の朝、ロンドンエジンバラロンドンのエントリー開始メールが来て、のんびりとエン・・・

2013年1月 6日

秋の十国峠:冬のダウンヒルでホテルへGO!

秋の十国峠:冬のダウンヒルでホテルへGO!

志賀坂峠を超えた時、埼玉県から群馬側に入ると空気が変わりました。 で、この十石峠・・・

2012年11月 9日

私のサドルバッグ:キャラダイス ネルソン

私のサドルバッグ:キャラダイス ネルソン

キャラダイス ネルソン(Carradice Nelson)はキャラダイスのサドル・・・

2012年7月25日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!