エネループといえば、このセットがいい!

HOMEウェブログ, 自転車用品・部品 > エネループといえば、このセットがいい!

アタック日本縦断から導入をしたガーミンeterx20。雨の日でもEdge800よりも信頼せがあり、私のビーワンディアブロのハンドル上にいつも鎮座をしています。

なんといってもEdge800よりもアドバンテージがあるのが、電源が単3電池ということです。それも2本でOK。

スポンサードリンク


Edge800が内蔵電池で6-10時間程度ですが、このeterx20は単3二本でかなり持ちます。

4本あれば600kmは余裕です。

使用電池が単3ということで、コレを機にエネループを導入しました。

etrex20とエネループ

このセットは充電器と単3が4本、単4が2本のセットになっています。

そして、この充電器は両方のバッテリーを充電できます。単4がちょっと変則的な位置なので単3、単4両方2本ずつの充電ということはできません。これが残念。

しかし、このセット買っておけば、etex20とテールライトの心配はかなり無くなる。

特に単2、単1のスペーサーが同梱されているので、家においておくのにも非常に好評!

2,000円台で買えるので、安いし。

パナソニック eneloop(スタンダードモデル)ファミリーセット K-KJ22MCC42S

単4はどのライトに使うかというと、でかいリフレクター版の付いているキャットアイの定番テールライト!

キャットアイ(CAT EYE) リフレックスオート TL-LD570R

点灯30時間なので、3泊4日の1200kmでも、もちます。600kmなら余裕。

キャットアイ(CAT EYE) リフレックスオート TL-LD570R

こんな感じで、いつもリフレックスオートにはエネループがスタンバイしています。

いくつかブルベ走ると、電池代もバカになりません。特にコンビニで買うと数百円するし。

このエネループセット持っていれば、通常の600kmまでは電池を考えることありません。

10月のオーストラリア、パースアルバニーパースも、この装備で行く予定。

今回は、装備追加はほとんど無いはず。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

BRM628群馬600km新潟のキューシート出た

BRM628群馬600km新潟のキューシート出た

AJ群馬のサイトを見てみると、暫定版ながらキューシートが上がっていた。 早速チェ・・・

2014年6月 9日

2日目:LAUREL HILL FOREST CAMP コントロール

2日目:LAUREL HILL FOREST CAMP コントロール

LAUREL HILL FOREST CAMP コントロールは自然豊かな場所にあ・・・

2013年11月18日

デローザR848の輪行と軽自動車荷室にのせる

デローザR848の輪行と軽自動車荷室にのせる

えーーと、ホテルを予約してから気がついたのですが、オレのデローザR848はウチの・・・

2012年7月21日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!