富士チャレンジ200受付→スタート

HOMEイベント・レース参加, ウェブログ > 富士チャレンジ200受付→スタート
2012年9月22日

前日出発して、Fisco近くの道の駅でP泊しました。

富士山の近くはけっこう涼しく・・・もしや寒い?なんて考えがよぎったくらいです。

スポンサードリンク


雨は無さそうだったので、雨対策は何も持って来ませんでした。

ただ、寒いということは考えてなかったなー。

で、当日。

朝6時には起床。7時には着きたいな・・・と漠然と考えていました。

ゲートオープンをチェックすると、5時半にはゲートオープンをしているとのこと。

受付はスタート30分前で終了。ということはかならず8時半前には受付完了をしないとダメですね。

富士スピードウェイ西ゲート

7時に出発、ゲートにつくとガラーンとしています。

多分ほとんどのエントリーする人は入場しているのでしょう。

入って行くと、そんなに遠くない駐車場に止めることができました。

さっさと準備。

エアをチェックして、各部を目指。

ボトルに飲料水詰めて、パンやらゼリーやらをトートバッグに詰めていざ受付へ。

応援団も来ているので、荷物を見てもらえるのは助かります。

受付

受付はピットの一番端にありました。

受付

エントリーをする競技によってちがいます。

受付にプリントアウトしたエントリー表を渡すとゼッケンや通信機、参加賞をもらいました。

箱を見るとエントリー袋少なく、オレほとんど最後のほうだな・・・エントリー。

エントリー袋

通信機が入っています。

事故の場合の必要事項記入用紙もあります。

通信機はフロントフォークに付属のタイラップで取り付け。

これがないと、ラップされません。

ちなみにソロはこのような通信機をバイクに取り付けるのですが、複数人数参加のエンデューロはベルト式で足首に巻きつけるタイプのようでした。

スタート直前

コースが開放されました。

さっさと並びましょう。

15分前には並びました。

スタート

はいこれがスタートの瞬間です。

9時ピッタリにスタートされました。

ママチャリGPとくらべ、さすがにロードバイク。動き出しは早かったです。

さぁ、これから100km。

怪我なく事故なく無事完走を目指しましょうー!

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

キャメルバックが買った

キャメルバックが買った

先日、キャメルバックがいいな・・・と言っていたのですが、早速届いてしまいました。・・・

2013年7月 9日

鈴鹿サーキットへ出発

鈴鹿サーキットへ出発

今週末は鈴鹿サーキットでエンデューロです。 私は5月18日(土)の3時間にソロで・・・

2013年5月17日

LELキューシート指示解説

LELキューシート指示解説

ロンドンエジンバラロンドンのキューシートが配布されています。 もちろん全て英語表・・・

2013年7月12日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!