PAP準備:補給食とカフェイン系と回復系

HOME2014年PAPパースアルバニー, ウェブログ, ブルベ > PAP準備:補給食とカフェイン系と回復系
2014年9月24日

今回の基本走行中の補給食を用意完了。7月の北海道1200kmにくらべてオーストラリアは何もない。

今回PAPのPC間を確認すると、76kmが一番長い。

スポンサードリンク


しかし・・・PC間には日本と違い何もない。絶対に。パースよりも都会だったSM1200、シドニー・メルボルン間でも非常に何もなかった。

今回はウェスタンオーストラリア。パースの街を出たら・・・街と街、PCとPCの間にはなにもないと思ったほうがいいでしょう。

コンビニなんて絶対に無い。

補給食

というわけで、補給食系はかなりしっかり準備した。

補給食:High5 Energy Gels

High5 Energy Gels - Buy 1 Get 1 Free

PC間で補給をするために、1日に6本くらい持つ予定。嫁さんの分も含め30本持っていく予定。

1本約100kcalなのでPC間の真ん中辺りで取る。走りながら飲めるのでOK。

スタート時とゴール時:アミノバイタル 14本入箱

アミノバイタル 14本入箱

スタート時とゴール後にアミノ酸補給。味の素製品はあまり好きではないのですが、ある程度効果を実感できているので今回も利用。

ボトル1本に:グリコ パワープロダクション クエン酸&BCAA

グリコ パワープロダクション クエン酸&BCAA グレープフルーツ風味 1袋(12.4g) 10袋

ボトル1本にはこのクエン酸、BCAAのを入れて1日に2袋摂取予定。

真水はいつもの様に背中に背負うキャメルバッグ。

中盤から後半にかけて:サイクルチャージ ゴールド

【メイタン】【サイクルチャージ ゴールド】×6

初日から3日目にかけ1日の走行距離は300km以上になる。特に初日は366kmだ。

前回オーストラリアのSM1200もそうだったが、眠くなる。本当に眠くなる。眠くなると足が回らない。

なので、カフェインたっぷりはいったメイタンサイクルチャージを導入。

あまり投与し過ぎると、効果が無くなる可能性もあるので、飲むのは中盤から1日に2本まで。

とにかく2日目を走りきれば、一段落できるはず。とにかく1,000km以上のブルベは2日目が勝負だからね。

今回のPAPも例にもれず、2日目のギザギザアップダウンが一番多いように感じる。

疲労も頂点になる3日目を乗り切るため、この2日目をどのように走りきり、できるだけ疲労を抑えることはホント大切。

来週は日本から出発だなー

スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

エアロバー・DHバー・・・が実は欲しい

エアロバー・DHバー・・・が実は欲しい

ちょっと長い距離走ると、手が痛くなったりしびれたりしませんか。 私はけっこう、・・・

2012年9月11日

秋の十国峠:冬のダウンヒルでホテルへGO!

秋の十国峠:冬のダウンヒルでホテルへGO!

志賀坂峠を超えた時、埼玉県から群馬側に入ると空気が変わりました。 で、この十石峠・・・

2012年11月 9日

ディアブロのパーツ発注

ディアブロのパーツ発注

ビーワンディアブロのパーツを発注しました。 あー、先に買っておけばよかったなー。・・・

2013年2月19日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!