鈴鹿エンデューロ:受付→スタート

HOMEイベント・レース参加, ウェブログ > 鈴鹿エンデューロ:受付→スタート
2012年5月19日

さぁ、待ちに待った鈴鹿エンデューロ当日です。

私は前日に出発、高速道路のPAで仮眠をとって会場入りをしました。

当日のタイムスケジュールは・・・・・

  • 00:00~ ゲートオープン
  • 05:30~ 受付
  • 06:30~ 試走
  • 10:03~ 3時間エンデューロスタート

以上がざっとしたスケージュールです。

受付が5時半からなので、あらかじめ大会事務局に「何時まで受付は済ませればいいですか?」と、確認をしたところ、以下のように返答が来ました。


受付は基本的にはスタート30分前までに受付を済ませてください。

尚、受付は終日オープンしておりますので遅れて来た場合でも受付可能です。


というわけで、のんびりな我々チームは受付を9時まで終わらせてピットに集合という、本当にアバウトな予定を立てました。

ママチャリと違い、車検などがないのが助かります。

鈴鹿サーキット

ゲートです。

私たちは、当日4台の車で来ています。

そこで、応援軍団、子供たちや機材などを持ち込みたいため、1台だけパドックパスを購入しておきました。

コレは正解。

ピットの近くに車を停めることができます。

残りの3台は、サーキットから少々離れた駐車場に止めることになります。

鈴鹿サーキット第7パーキング

鈴鹿サーキット

今回の鈴鹿エンデューロ参加者は、ここ第7パーキングに止めることになっています。

第7パーキングは道路に近い方は舗装されていますが、半分はこのように見舗装になっています。

ちなみに8時過ぎに入った我々は、ちょうど舗装部分が埋まった感じでした。

まぁ、晴れているのでどこでもOKです。

ちなみにこのとなりにはオートキャンプエリアもあるはずです。

さぁ、自転車下ろして、ウエア着て、機材を持ってサーキットへレッツゴー

受付へ

あと1時間半でスタートとなるエンデューロです。

鈴鹿サーキット

我々は自転車を用意、空気圧をチェック、ウエアを着込んで、いざサーキットへ。

機材搬入のため大きいデイパックなどは必需品です!

かなり遠いので、はっきり行って歩くのはきびしいです。

鈴鹿サーキット

もちろんみんな、自転車に乗ってサーキットへ向かいます。

鈴鹿エンデューロ受付

50-52バンピットが受付になっていました。

ここで、代表の私が受付票を出すと全員分の受付が完了しました。

引換にゼッケンとセンサーを受け取ります。

私たちは足首にベルクロで止めるタイプのセンサーでした。

鈴鹿エンデューロ

もうたくさんの自転車の数々。

よだれもんの自転車もたくさんありました。

さながら展示会のようですよー

鈴鹿エンデューロ

スタート間近です。

鈴鹿サーキットの看板より前には6時間の選手がいます。

6時間のスタートが10時ぴったり、私達の参戦する3時間は10時3分スタートとなります。

鈴鹿エンデューロ スタート

こんな感じで鈴鹿エンデューロはスタートを切りました。

とても天気のいいなか、6時間(我々は3時間)の熱戦がスタートです。

ラップタイム

ざっと3分ほどですべてのライダーがスタートして行きました。

トップ

と、思ったら、もうトップグループが返って来ました。

はぇーーーー!

と、このような感じで鈴鹿エンデューロはスタートしました!

フェイスブックコメント


スポンサードリンク

あわせて読みたい

この記事がよかったらシェアしていただけるとうれしいです。

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を見た方はこちらも見ています。

2012年07月: 987.7km

2012年07月: 987.7km

7月も今日で終わりです。 今月の走行距離は987.7kmでした。 ~~房総を半周・・・

2012年7月31日

ピナレロFP1のタイヤ交換

ピナレロFP1のタイヤ交換

嫁のロードバイクピナレロFP1のタイヤ交換をしました。 今まで乗っていたクロモリ・・・

2012年7月 2日

桜2部咲き、菜の花満開

桜2部咲き、菜の花満開

荒川自転車道、いつものトレーニング。 週明けからアメリカ行きなので、今月は走り納・・・

2013年3月23日

前後の記事や、この記事のメインカテゴリは下のリンクよりどうぞ!